SSブログ
前の3件 | -

2022/8/8-9 房総半島 [遊ぶ]

コロナ感染による自宅療養後、しばらく忙しい日々が続いていましたが、今週は夏休みを取得し、千葉県へ行ってきました。
東京都以外の関東6県では、8月末まで県民割が使えます。千葉県民割が使える宿泊施設を予約し、チェックイン時にワクチン接種証明と住所を証明する書類(運転免許証など)を提示すると、一人あたり5000円の割引と、2000円のクーポン券が適用されます。

和光北インターより東京外環自動車道で高谷ジャンクションまで行き、東関東自動車道で成田山新勝寺に行きました。

IMG_1955のコピー.JPG

真言宗の大本山です。
この時期はイベントがないので空いていましたが、猛暑で外には長い時間いられませんでした。

成田空港を通り過ぎて九十九里浜へ出ました。

IMG_1962のコピー.JPG

砂浜が続く九十九里浜。海水浴場があちこちにあります。

白子温泉のホテルに宿泊し、翌日は、外房を南下して、勝浦海中公園へ。

IMG_1975のコピー.JPG

IMG_1990のコピー.JPG
螺旋階段を下っていくと、海中に展望エリアがあります。

IMG_1978のコピー.JPG

窓から海中の魚を眺めるという趣向です。

さらに南下して鴨川シーワールドへ。

IMG_2004のコピー.JPG

平日だというのに、ここだけはものすごい人出でした。
超人気スポットです。

IMG_1994のコピー.JPG

イルカのショーを見ました。人間の指示に従って健気に演じているイルカを見ていると、なんだか感動して涙が出そうになりました。

そして鴨川シーワールドの最大の売りは、シャチのショーです。

ずいぶん昔、見たことがありますが、久しぶりのショーは過激にアップグレードされていました。

IMG_1996のコピー.JPG

シャチがわざと観客に向かって水しぶきを浴びせるのです。前の方に座っているお客さんはずぶ濡れです。使い捨てのかっぱが300円で販売されていました。

IMG_2002のコピー.JPG

私はイルカのショーの後、10分前で入場したので、後ろの方から立ち見していたため、濡れずにすみました。

鴨川から、房総スカイラインで君津へ抜けました。悪路を想像していたのですが、とてもいい道でした。

途中、インスタ映えで有名になった「濃溝の滝、亀岩の洞窟」に立ち寄りました。
時間帯によっては光の加減で、ハート型に見えるというのが話題になったところです。

IMG_2010のコピー.JPG

立ち入り禁止と書かれた先まで行かないと洞窟が見えないので、私も含めて、看板を超えて向こう側で写真を撮っていたのがちょっと笑えます。

IMG_2011のコピー.JPG

これで今回の観光は終了です。木更津に出て、東京湾アクアライン、首都高速道路で帰りました。
nice!(5)  コメント(1) 

2022/7/26 鉄道員 [読む]

COVID19のコピー.png
ついに自宅療養最終日になりました。
接触から解除日までの症状をまとめました。
主な症状は「喉の痛みです」。
特に発症して3日目と4日目は痛みが強く、唾を飲み込むのも辛くて、ロキソニンを服用しました。
先に感染した次女と食事をした日から4日後に発症して、症状は5日間あり、その後は無症状でした。
熱がほとんど出ませんでした。最高37.7度でしたが、37度を超えたのは1日だけでした。次女が陽性と確認されていなければ、少し喉が痛くても出勤していたかもしれません。普通の風邪と区別がつきにくいです。今の感染爆発状況では、風邪症状が出たらほぼ新型コロナなんでしょうけど。

鉄道員のコピー.png
8つの短編小説が収められています。
どれも切ないお話です。

明日からは忙しくなりそうです。
nice!(15)  コメント(4) 

2022/7/23 アンダーカレント/ビル・エバンス&ジム・ホール [聴く]

IMG_6861のコピー.JPG
SoloのJazz Pianoが好きなんですが、このアルバムはPianoとGuitarのDuo Albumです。
1962年の録音ということですが、買ったのはずっと後です。Jacket写真が気に入って買ったのかもしれません。うるさくないので、何か作業しながらBGMとして流しておくのもよいですね。



COVID-19、発症8日目となり、残すところあと3日の療養期間となりました。
21日以降、無症状で経過していて、体感的にはもう治っている感じです。
抗原陰性だったら月曜から出勤したいところですが、現時点での規則は発症日を0日として10日まで療養となっているため、ままなりません。

暇なので、

昨日と一昨日で、少し前に流行った韓国ドラマ「イカゲーム」、9エピソードを全部見ました。
ネタバレになりますが、借金でどうにもならない人たちを集めてきて、ゲームを行い、負けたらその場で射殺され、最後まで勝ち残った優勝者に、大金が賞金として支払われるという話です。なんとも血生臭いドラマです。なんとか自分は勝って生き残ろうとして人間の本性が表れます。

あとまだ全部読み切っていないのですが、浅田次郎の「鉄道員(ぽっぽや)」を読んでます。
Netflixで期間限定で映画を公開していたので、そっちも見ました。
主演、高倉健。
北海道の幌舞線、ほろまい駅のモデルになったのは、根室本線、幾寅駅。
原作本に出てくる列車はキハ12形気動車ですが、映画ではキハ40形気動車を改造したものが使われています。
私が高倉健の映画を初めて見たのは、大学生の頃見た「幸せの黄色いハンカチ」でした。
こちらも北海道の炭鉱の町を舞台にした映画で、ラストシーンが感動的でした。
どちらの映画も寡黙で女性に気持ちを言葉にして伝えるのが苦手な役柄でした。
「鉄道員」のラストは悲しい結末でした。「マッチ売りの少女」みたいなお話でした。
nice!(16)  コメント(2) 
前の3件 | -